今どきのハーレー生産事情

生産

ハーレーの中で水冷エンジンを搭載しているのが、Vロッドです。スポーツバイクに負けない速さが欲しい人に最適で、ハーレーのエンジンは時代遅れというイメージをひっくり返しました。100馬力を軽く越える性能がありながらも、ハーレーらしい鼓動感もしっかり持っているのが特徴です。今どきのハーレー事情では、このVロッドファミリーのシリーズが2016年生産分を持って終了することが発表されました。

登場当初は水冷エンジンは似つかわしくないと言われていましたが、スピードを求めるファンからは支持されていました。それが急に生産終了になったということで、このニュースを悲しむファンは多いです。Vロッドは水冷エンジンという特徴以外にも、ガソリンタンクがシートの下に配置されていて、重心が下がることで車両が安定して、大きなパワーでも走りやすくなるような工夫が施されていました。

エンジン以外にも伝統にとらわれない先進的なアイデアが盛り込まれていたモデルだけに、今後は代わりになるモデルが登場するのかどうか期待されています。今どきのオーナーたちはクルーザーバイクとしてだけではなく、速さも求める傾向があるので、それに対応できるモデルの終了は惜しまれています。

ハーレー ビギナーの方はこちらのサイトを参考にしてください。

チョッパー


ハーレーのディーラーを知る

ディーラー

今どきのハーレーのディーラー事情を知っておけば、バイクを購入するときも売却するときも効率的に実行することができるようになります。基本的に、購入することに関しては専門店に行って相談をすれば自身が欲しいタイプの型番を提供してくれますので何も心配はありません。しかし、売却するときに関してはハーレーの特殊な事情を知っておかないと損をしてしまうことになります。

ハーレーは時代ごとに新しい製品を販売していますので、放っておくと所有しているバイクがどんどん古くなっていきます。ただ、ハーレーが特殊なのは古くなった型番が必ずしも評価が低くなるわけではないということです。歴史と伝統のあるバイクに関しては、その希少性を評価されてとても高い売値で買い取ってくれることも珍しくありません。

これは、所有しているバイクが故障していたとしても同じです。それぞれの時代に作られたバイクは、すでに生産がストップしているものも珍しくなく、古くなった型番からしか入手することができないパーツも存在します。この場合、ディーラーがどのようにしてパーツを仕入れるのかというと、中古バイクを解体して入手するのです。こうすることで、パーツ同士を組み合わせた古い時代のバイクが完成し、高い売値でまた販売することができます。

ハーレー


ハーレーの流行と歴史

時代

ハーレーは歴史のあるバイクなので、今どきの流行とはちょっとずれている所はあります。このバイクはアメリカを感じさせる製品で、昔からアメリカではこのバイクが人気でした。ハーレーは今でも人気のあるバイクですけど、時代とともに色々な変化も起こっています。ただ見た目を大きく変えるとファンの信頼を得られないため、見た目はあまり変わりません。

内部はエンジンなどの構造が変わることがあって、それによる変化は時々起こります。ハーレーは中高年の裕福層を対象にしたもので、高級バイクを所有したい人を対象にした商品です。そのため若い年代には評価されていない所もあるため、今どきの時代に合っていない面もあります。

ハーレーはこの頃購入しやすいタイプのバイクを売っていて、若い人でも買いやすい商品を販売しています。今までは大型バイクというと長距離移動が得意で、値段も高く簡単に利用できないイメージがありました。そういうイメージを変えられるように若い人でも買いやすい、街中で使えるバイクも販売しています。バイクにはいろいろな種類がありますけど、このメーカーの製品はアメリカ的な要素が強くあります。それを維持しつつ今どきの製品を作っているため、多くの人にから評価されています。

ハンドル